EDが完治

一度なってしまったらもう治らないのか!?EDの仕組みに迫る

EDになっても諦めないで済む

EDとは勃起不全・勃起障害のことで、性交時に十分な勃起やその維持が出来ず、満足な性交が行えない状態を指します。
目安としては、性交のチャンスの75%以上でセックスが行えない状態をEDといいます。
症状の悩みから、人に相談しづらいことであるため正確にEDに悩む人の実態や数を把握することは難しいとされていますが、心的なストレスも原因となるため、ストレスの多い現代では多くの人が悩みをもっていると考えられます。
年齢とともにEDは増える傾向にあり、決して特別な病気ではありません。
また現代では若年性のEDも増えており、その傾向は年々増加しています。
EDは、心的ストレスの他にも心臓や血管の病気が原因となります。
勃起は欠陥と血流が大きく影響をするため、動脈硬化や高血圧の人は注意する必要があります。
また糖尿病もEDになる大きな原因の1つとされています。
糖尿病では、糖尿病性末梢神経障害といって、脳からの指令を伝える神経の働きが鈍り脳が興奮しても陰茎までその指令が届かなくなってしまう障害が引き起こされます。
他にも喫煙やアルコールの有無、うつ病といったものがEDに関わっているケースも少なくありません。
交通事故などで外傷をうけ、骨盤骨折や脊椎損傷が原因となる場合もあります。
最近では医学の進歩によって、いかなる原因のEDもそのほとんどが治療可能とされており、EDになっても諦めないで済む方法があります。