EDが完治

一度なってしまったらもう治らないのか!?EDの仕組みに迫る

老齢者がEDに悩んでる!?

EDは、日本語にすると勃起不全となります。
勃起は、男性器の海綿体に血液が溜まることによりおきます。
それが、種々の要因によってうまく溜まらなくなると、勃起がおきにくい状態になります。
EDは、全く勃起しない症状の他、勃起状態が維持できないため性行為がうまくいかないケースなども含まれます。
EDになる原因には、糖尿病やそのほかの病気、心理的な要因などがあります。
糖尿病や病気などが原因である場合には、その病気の治療も行う必要があります。
また、糖尿病には至っていないケースでも、血糖値が高い人の場合には勃起しにくいことが知られています。
このような場合には血糖値のコントロールも必要となります。
心理的な要因としては、以前に性行為がうまくできなかったことなどのトラウマがきっかけになっていることがあります。
これらの原因の他に、加齢に伴ってEDになるケースも多くあります。
加齢によって血管や組織が衰えて、勃起がうまくおきなくなるのです。
加齢が原因であるため、以前はこのようなことは無かったのに、とEDに悩む老齢者が多いことも予想されます。
一般的な悩みとは異なり、なかなか他人に相談しにくいため、実際に悩んでいる人の数は知られている以上の数となるでしょう。
心理的な変化などによってもEDになりますが、逆に、EDによって精神的に負担がかかるケースもあります。
自分に自信が持てなくなり、日常生活に影響がでたり、EDがきっかけとなってうつ症状になってしまうケースもあります。
また、そこまでいかなくても毎日悩んでいることは、精神的によくありません。
早くこのような状態を改善するためには、医師に診察してもらって適切な治療を行うことが必要です。