EDと副交感神経の関係性

人間は欲求の生き物と言われています。
これは人間に様々な欲求が備わっているからです。
この欲求にも種類があり、生理的・本能的な欲求と心理的・社会的な欲求に分かれています。
この中でも生理的・本能的の欲求の中にある重要な欲求を「3大欲求」と呼んでいます。
「3大欲求」とは食欲・睡眠欲・性欲の3つを指します。
これは私たちが生命を維持するために特に必要な欲求です。
食欲は人間の体を保つために食べなければならないことです。
睡眠欲は人間の体と頭と心を休めるために寝なければならないことです。
性欲は人間が子孫を残していくための行為をするために必要なことです。
この中でも現代の男性に問題視されているのが性欲です。
もう少し細かく言うと勃起に障害があるということです。
この勃起障害のことをEDと呼んでいます。
このEDの仕組みは勃起に必要な副交感神経の働きが大きく低下したときに起こるものです。
この副交感神経とは自律神経の1つで、外界からの刺激に反応して体内のホルモンを調節している場所です。
副交感神経は様々な理由で低下します。
緊張状態や性的刺激以外のことが長く続けば低下してしまうのです。
分かりやすい例を挙げると仕事が当てはまります。
忙しくて休む暇がない場合やストレスが強い場合などは副交感神経が低下します。
とにかくED予防にはリラックスした状態が必要なのです。
それでもEDが改善されない場合にはばいあぐら ジェネリックやレビトラやシアリスに代表されるようなED治療薬の服用を検討されると良いでしょう。
レビトラは病院で処方されていて勃起の持続力を上げるおすすめの薬です

<外部リンク>
シアリス 個人輸入代行について

カマグラゴールド

メガリスの効果

タダシップ